物語はハッピーエンドで

映画・マンガ・ゲームなどの紹介サイト。基本的にネタバレなしで書いていきます

【映画】「マイティ・ソー」の紹介。ネタバレ少しあり

★★★★

あらすじ

神の国<アスガルド>で無敵の強さを誇る戦士ソー。だがあまりの傲慢さゆえに神々の王である父の怒りに触れ、最強の武器“ムジョルニア”と全ての力を奪われて人間界へ追放されてしまう。

地球に落ちたソーは、天文学者のジェーンら人々に出会い人間の弱さや痛みに触れ、徐々に真の強さを学んでゆく。だがその頃、邪神ロキの陰謀で神の国は危機に瀕し、さらに恐るべき敵がソーを抹殺すべく地球に迫ろうとしていた。力を失ったソーは地球と神の国を守るために戦いへと立ち上がる!

作品情報

  • 監督:ケネス・ブラナー
  • 出演者:クリス・ヘムズワース/ナタリー・ポートマン/トム・ヒドルストン/浅野忠信/アンソニー・ホプキンス
  • 公開年:2011年
  • 原題:Thor

「マイティ・ソー」を観た感想

「マーベル・シネマティック・ユニバース」(MCU)の第4作目

個人的にはけっこう楽しめましたが、それは私が「アベンジャーズ」を先に見ていて、ロキ(トム・ヒドルストン)というキャラクターに興味がありましたので、もしそれがなかったら、もうちょっと評価は下がって★3.5くらいかなって思います。

神の国<アスガルド>での話、ソーの弟ロキの話、人間界の話など、描かないといけないシーンが多いのでその分すこし散漫になってしまった感はあります。思ったより笑える場面があったのは面白かったですが。

映画紹介文には、主人公のソーが「人間の弱さや痛みに触れ、徐々に真の強さを学んでゆく」なんてことが書かれてますけど、そんなシーンあったっけ🙄と思うくらい物語的には薄味です。
いつのまにヒロイン(ナタリー・ポートマン)のこと好きになったの🙄とか。

ソーの人間界での活動をもっとじっくりと描いてくれたら、もっとソーに感情移入できるのですが、いろいろ詰め込んでいるので少々駆け足になっています。

ですので、個人的に「マイティ・ソー」での見所は、主人公のソーよりも弟のロキの歪んだ性格と情愛の部分だと思います。
恐らくロキが兄のソーを尊敬していて愛してるというセリフは本心だと思うのですよ。と同時に嫉妬して憎んでいるのも本心で、そのロキのねじれた複雑な感情が面白かったです。

youtu.be